ソフトウェア會社である當社は、當社の企業活動に関係をもつ人々すべてに対して、社會の一員としてふさわしい責任を果たすために、環境に対する取り組みを行っています。

環境方針

株式會社日本科學技術研修所は、確かなコンピュータテクノロジーやソフトウェア開発技術をベースとして、産業界?官公庁の抱える諸問題に時代を超えて最適なソリューションを提供し続けてまいりました。

このような企業活動を持続していく上で、企業市民としての自覚と責任の下、全員參加による環境経営に邁進し、コンプライアンス順守のもとに地球環境保護?保全活動?持続した成長が可能な社會を目指して以下の活動を行います。

  1. 當社の企業活動が環境に及ぼす影響を低減させるために、環境目標を定め、これらの見直しを含めた環境マネジメントシステムの継続的改善を行い、環境パフォーマンスの向上を図ります。
    具體的には下記の項目に重點的に取り組みます。
    1. 省エネ?省資源に配慮したシステムの設計?開発?運用の推進及び數理統計パッケージソフトウェアの開発
    2. 省エネ?省資源のための施策の計畫と推進、リサイクル品の活用、分別廃棄の徹底での廃棄物削減の活動等による汚染の防止と環境負荷の低減
    3. 調達用品のグリーン購入の推進
    4. TQM活動を通じた品質コスト低減の推進による省エネ?省資源化活動
    5. お客様の環境経営をサポートするために、ITを最大限に活用した高品質?高信頼性のソフトウエアやサービスを提供し、顧客満足度の向上を図る継続的な改善活動
  2. 當社の企業活動に関する法律、規制及びその他當社の合意した事項を順守し、順守狀況を評価し、適切に改善します。
  3. 環境マネジメントシステムの適用範囲を次の通りとします。
    地  區
    東京都渋谷區千駄ヶ谷5丁目10番11號 渋谷區千駄ヶ谷本社地區
    活動範囲
    受託ソフトウエアの設計?開発?運用
    數理統計パッケージソフトウエアの開発?販売?サポート
  4. 環境マネジメントシステムの運用と維持管理が適切に行われるために、環境方針を組織で働く又は組織のために働くすべての人に周知するとともに、社外へも開示します。
2009年5月14日(制定)
2019年4月 1日(改定)
株式會社 日本科學技術研修所
代表取締役社長 齋藤 愛子

當社の取り組み事例